愛媛で正月(うどん編その3)

「まえば」を出たのが8:30頃で、次に向かったのが、これも心待ちしていた
讃岐うどんの偉大なカテゴリーの一つである「釜揚げうどん」の大御所
【長田in香の香】です。
e0121558_2249991.jpg

茹で上がったうどんをそのまま器に入れて、青ネギと生姜のみを入れた
付けダシで食べるという超シンプルなうどんですが、水で締めない麺で
あるため、表面のぬめりがダシを適度に含み、しかもそれらが舌や口の
中にねっとりと絡みつく食感が何とも官能的です。。 さらそのベースには
しっかりとしたコシがなければ何の感動もありません。
そのすべてを兼ね備えて、他の追随を許さない「釜揚げ」にノックアウト
寸前です。
e0121558_22524734.jpg

寒い時期の釜揚げはやはり最強です! 心も体もポカポカ温まって幸せな
気分にさせてくれます。


朝からうどんを3杯食べて(昨日からトータルで8杯ね…)、流石にモチベー
ションの低下を感じたため、ちょっと変わり種のお店を目指しました。
名前と町名は分かっていたのですが、場所が特定できていなかったため、
あてずっぽうで走り、田舎のスーパーっぽい処で尋ねると、すぐ近くまで
来ていたことが分かりました。 その名は【松井うどん】 聞くところによると
映画の「UDON」では重要な役割をになったご主人だそうです。
e0121558_2323563.jpg

実は道を聞く前に一度この店の前を通り過ぎたのですが、店名がわからな
かったためスルーしてました…。 名前がちっちゃな看板なので目立たない。。
ここの名物と云えば「カレーうどん」 個人的にはうどんの基本はかけ、または
しょうゆ、ぶっかけだと思うのですが、これだけうどんを喰い続けると、変化球が
欲しくなります。
e0121558_237309.jpg

富山県高岡市の「吉宗」とは明らかに違いますが、スパイシーで濃いルーを
絡めながらいただくと、案外あっさりとスルスル胃の中に納まっていきます。
脳も目も舌も適度な刺激を受けて、リセットされると、まだまだいけるぞ~と
清々しい気分にさせてくれます。


続いて今回の讃岐うどんツアーを締めくくるのは【いぶき】です。
ここもだいぶ前から目をつけていたのですが、今日まで来れずじまいでした。
e0121558_23233971.jpg

名物メニューは揚げたてのちくわをトッピングしたぶっかけ竹輪うどんです。
麺は比較的細麺で、しなやかなコシ。 熱々のちくわが自家製うどんの大きな
アクセントになっているようで、確かに美味い~~ うどんもいいけど、四国は
練り物製品の種類が多く、私も食べたことのないものがようけあります。
e0121558_23185256.jpg

あと、もう少し心残りだった買い物もありますが、緊縮財政の折、四の五の
言ってられません。 今年1年個々人が頑張ってなんとかこの不況を乗り越え
たいものですね。






愛媛からは、私が一足先に金沢へと向かいました。
片道は約6時間、煮り替えが2回もあるので結構めんどい。。
まずはしおかぜ号で岡山へ向かう。
e0121558_025465.jpg

途中から瀬戸大橋を通って…
e0121558_23521822.jpg
e0121558_23523959.jpg

e0121558_041251.jpg

e0121558_23525629.jpg
e0121558_2353914.jpg

岡山駅は帰省客で一杯です! ここから新幹線に乗り換えて新大阪へ
e0121558_23542188.jpg

e0121558_23551910.jpg

新大阪駅へサンダーバードがやってきました~
e0121558_2356294.jpg

[PR]
by abu71_nomin | 2010-01-09 23:31