春も活動してましたが、秋も楽しい狩猟の季節です。
美味しいものを食べる楽しみはもちろんですが、それを採りに行く喜びは
さらに格別のものがあります。

まずは海の獲物! アオリイカ~
秋になると今年生まれたイカが成長して、堤防とか岸壁からの投げ釣りの
対象になるのです。
夜明け前の海岸へ向かいましたが、晴れていても海は荒れていて、とても
イカが釣れそうな気配はありません。 折角来たんだからと、ダメ元で
エギングを開始しましたがなかなかヒットしません。
ところが突然エギが重くなり…ゴミでも掛ったのかなとズルズル引っ張って
くると、おぉ~なんかいる~!エギに捕まっていたのは何と【イイダコ】でした!
e0121558_21383713.jpg

この日の収穫はこれ1匹のみ^^; 家に帰ってイイダコの下処理です。
塩をたっぷりかけて、ヌメリをとります。
e0121558_21385523.jpg

茹でるとやっぱり蛸足がクルンクルンになりますねぇ。
e0121558_2139589.jpg

この日の夕食は茄子とパンチェッタのトマトソース味のリングイネ&イイダコの
ぺペロンチーノ味です。
e0121558_21391131.jpg


さて、お次は山の幸! キノコです~
富山の師匠に誘われて、今年も行ってまいりました!
そういえば昨年は放射能が心配だったので、秋のキノコ狩りは実施しなかったのを
思い出しました。。 
早朝に出発して7時には目当てのポイントに到着し、探し始めると…
早くも発見! 【ブナハリタケ】です~
傘の裏側に針のような突起がありますね。
e0121558_21392676.jpg

これは【チャナメツムタケ】
e0121558_21393083.jpg

これは師匠も見たことがなかった珍しいキノコ。 見た目はかなり美味しそうですが…
※後で専門家に確認したところ、富山でも採取例の少ない【オドタケ】と判明! 
e0121558_21393569.jpg

このどら焼きみたいな明るい色のキノコは【ハナイグチ】
e0121558_21394029.jpg

これは皆さんおなじみの【ナメコ】ですが、貴重な天然ものです~
e0121558_21394471.jpg

柳の木専門に生えるキノコ【ヌメリスギタケモドキ】です。 このキノコは枝の根元に
生えることが多いので、地面を探しても絶対に見つかりません「(゚ロ゚*)オーマイgod!
タラの芽を採るような高枝ばさみがないと、たくさん採るのはむつかしい。。
e0121558_21395060.jpg

師匠が時期を見極めてくれていたので、本当にたくさんの収穫がありました!!
さぁ~美味しく食べるために下処理を始めましょう~
e0121558_2141935.jpg

まずはキノコを塩水につけて虫出しです。 浮いている細かい埃のようなものが
キノコに潜む虫たちです(*ロ*;)  ウヨウヨでてきます…。
ウチのカミさんはこれを見てかなりショックを受けてました。。
e0121558_21432448.jpg

1日目の料理は【ブナハリタケ】のオイスター炒めとホコリタケのバターソテー、そして
【ハナイグチ】のステーキです。 ハナイグチは火を通すとトロットロでキノコらしい香り、
味わいも抜群です。 ブナハリタケは独特の香りが強いものの味わいは淡白なので、
オイスターソースで旨味をアップしたところこれも美味しい! ホコリタケは見た目が
マッシュルームっぽくて、火を入れるとマシュマロのようにフワッとした食感です。
e0121558_21422295.jpg

2日目は残ったキノコを全部使ってのキノコ鍋。 色々なキノコから出るダシが利いて
滋味深い味わいです。 【オドタケ】は昨日の夜までは『毒キノコ』の可能性があって
放置してありましたが、ネットで調べてみると希少なキノコでしかも美味しいらしいとの
こと。 一応毒見のためソテーして食べるとシメジのような香りと旨味があり、確かに
美味しいキノコでした。 
e0121558_21412256.jpg

なお、なぜか場違いなカプレーゼがあるのは、子供がキノコ嫌いだからです…。
この日のモッツァレラは牛乳ではなくて水牛の乳で作られた正真正銘のモッツァレラ
だったので、いつものチーズよりコクがあって、トマトの酸味・甘み、フレッシュバジルの
香りが渾然一体となって誠に美味しゅうございました。。
[PR]
by abu71_nomin | 2012-10-14 21:25 | 狩猟系

恒例のススタケ採り

毎年恒例の ※このフレーズ、やたらと多いですよね^^;
ススタケ採りに行ってきました~~~

これまた例年通り、4時過ぎに待ち合わせをして、富山の師匠の家へ向かいます。
いつも行くのは有峰湖の辺りで、有料道路のゲートが開くのが6:00ということで、
金沢から出発するのはこんな時間になってしまいます。
でも、こんな楽しいイベントのときは3:30くらいに起きるのも全く苦痛ではなく、
朝から目がパッチリと開いてしまいます~

これが富山の師匠から伝授されたススタケ採りの理想的スタイル。
背中には大きめのキャンバス地のリュック、そして同様の前掛け、帽子はもちろん
かぶりますが、急峻な場所ではヘルメット着用がいいですね。 そして竹藪の中は
どこから枝が飛び出してくるかわからないので、目を守るための防護メガネ、汗を
拭くためでもありますが、首周りにタオルを巻いて保護します。
e0121558_21122914.jpg

現地に到着し、いつもの実績ポイントに入ります。
辺りはこんな感じのうっそうとした木々の中…
e0121558_21125456.jpg

右手に見える笹の葉がススタケ(ネマガリタケ)です。
今年は昨年より1週間早かったため、なかなか姿が見えませんね。。
e0121558_2113721.jpg

と、思ったら! おっ、ありました~
まさにベストな状態のススタケです~
e0121558_2112384.jpg

例年よりも少なめではありますが、土から出たばかりということもあり、伸びすぎた
ススタケがほとんどなく、品質としては最高級ですね。
ズンズン獲物を求めて進んでいくと、いつのまにか前掛けの中がこんな感じに。。
e0121558_21124425.jpg

少し別のポイントにも顔を出すと、タラの芽もありました~
e0121558_21132288.jpg

結局、今回収穫したのはこちら、エラ(ミヤマイラクサ)とススタケ(ネマガリタケ)、
これとは別にワサビも。
e0121558_21133262.jpg

左からカタハ(ウワバミソウ)、タラの芽、ウドブキ(ヨブスマソウ)、ウド、隠れて見え
ませんがアマナ(ナルコユリ)でした。
e0121558_21133649.jpg

これがその日の夕食。 左上から時計回りにウドの酢味噌和え、エラとマイタケの
バター醤油炒め、アマナのお浸し、ウドブキのお浸し、カタハのさざなみ昆布和え。
e0121558_21134180.jpg

メインはもちろん焼きススタケ! 奮発してエビスビール~ 
e0121558_21134429.jpg

焼きススタケのお奨めディップは味噌マヨですね。 この日はすべてが最高です♪
e0121558_21135255.jpg


山菜づくしの続き~
[PR]
by abu71_nomin | 2012-06-09 21:16 | 狩猟系

春は獲物の季節です。

春は色々と誘惑が多い季節です。

まずは富山名物ホタルイカを獲りに富山の海岸へやってきました~
2年前から行き始めて、昨年、一昨年とも何とかホタルイカをゲット
できましたが、この日はあいにく日が悪いのか、あまりハンターたちの
姿がありません…。
結局何ヶ所か回ってみたものの、一匹も目にすることはできませんでした。
皆さん良く知っているんですねー^^;
e0121558_0191094.jpg

このままじゃ終われないと、翌週も行きました。
今度は人がたくさん出ていましたが、あまり獲れている様子はなさそう…。
粘ってみましたが、結局一匹だけ砂浜に打ち上げられている姿を確認して、
初めて参加したメンバーに青い光を見せてあげることはできました。。
これは、海岸で知り合いの方が建てたテント、ホタルイカは料理に出ません
でしたが、キャンプを楽しんでました。
今年は本当に不漁の年らしいです。 来年こそはがっつり獲りたいな~
e0121558_0192622.jpg


お次は山の獲物、山菜です。
桜の開花時期から計算して、タイミングを図りながらいつもの場所へ行って
きました! おーービンゴです!
タラノメ
e0121558_023966.jpg

コシアブラ
e0121558_0232025.jpg

コラボショット^^
e0121558_0203559.jpg

今日の獲物はタラノメ、コシアブラ、ハリギリの木の芽が3種類、別の場所で
セリも少し採って帰りました。
e0121558_021123.jpg

コシアブラは胡麻和えに
e0121558_0211691.jpg

その他は天ぷらに~ サックサクのアッツアツで旨ーい!
e0121558_0211198.jpg

本日の夕餉、たまたまご近所さんからタケノコもいただいたので、若竹煮も加わり、
まさに山菜づくしですね。 こんな日はまずはビールから。
e0121558_0212297.jpg

翌日にカミさんが、採ってきたセリを使って肉豆腐を作りました。 旨し。 
e0121558_022644.jpg


話は変わって…

この前作った味噌が発酵しまくってますー
容器に目一杯詰めてたもんだから、あふれ出してしまってこんな状態に。。
でも、以前、痛い目に遭っていたので溢れても安心なんですよ^^
e0121558_0255423.jpg


ジャガイモだらけで、スペースに余裕のなくなったわが畑。
それでも変った野菜はやめられない。。
ゴルゴが一押しですかね川 ̄∠ ̄川 フフフ
e0121558_026149.jpg

[PR]
by abu71_nomin | 2012-04-30 00:18 | 狩猟系

イカ釣り~

かれこれ3年ぶりくらいでしょうか?
友人に誘われてアオリイカ釣りに行ってきました~
元々ルアー釣りが好きで、渓流(ヤマメ・イワナ)にもよく行ってましたが、最近は畑仕事が
メインになってしまって、釣りからはすっかり遠ざかっていました。
ストックルームから久しぶりにアオリイカ用の竿とリールとエギ(ルアーの仲間)を取りだして、
いざ出陣です!
中能登の外浦にやってきました。 堤防の先っちょのテトラポットから、エギを海に向けて
放ちます!
e0121558_23531585.jpg

夕暮れからがこの釣りの本番です。
e0121558_23532045.jpg

スタートしてから友人が3杯ほど釣りましたが、私の竿には中々アタリが来ません。。
釣り始めて1時間くらい経ったでしょうか? ついにアタリがきましたー!!
慎重に手前まで寄せて引き揚げたのがこれ。
サイズは可愛らしいですが、久しぶりのアオリイカです!! 嬉しいぞ♪
e0121558_23532572.jpg

結局、私はこの1杯しか釣れず…。 友人は結局7杯ほど釣って終了となりました。
友人はしょっちゅう行っているので、ほとんどのイカは私が持ち帰ることに。
e0121558_23535557.jpg

並べてみました^^
e0121558_2354063.jpg

その日の夜は食べる時間がないので、翌日のために下処理をやってしまう。
e0121558_2354830.jpg

翌日の夕飯は、アオリイカの刺身、イカのぬた、モズクの酢の物、そして収穫した宮大将
(ジャンボラッカセイ)を茹でたものです。 アオリイカはねっとりと甘くて最高だし、宮大将
は本当に大粒で香りと甘みがgoodでした。 ※まるで居酒屋メニューですな^^;
e0121558_23542880.jpg

おまけ
金魚すくいみたいだけど、これがアオリイカを釣るために使用する【エギ】というルアーの
一種です。 ※海水がついたままだと錆びるので水に漬けて置いた。。
e0121558_23542260.jpg

[PR]
by abu71_nomin | 2011-10-10 23:52 | 狩猟系